読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほんとうに好きなものと、たのしく暮らす

シンプルライフをわたしらしく

【暮らし方はそれぞれ】帰省して考えたこと

GW、私の実家に帰省していました。





私が家を出てから新築したので、

実家は新しいのですが、


とにかく色々なモノが気になってしまいました。





特に印象に残ったのは、


私たち子どもがあげたモノや、

小さなぬいぐるみや置き物、

幼い頃の写真などが、

いたるところに飾ってあること。



カラーボックスまるごとそのようなモノを飾る用になっているところもありました。


(えー何この棚!意味ないじゃん!!)

と思ったのですが、



兄弟全員が独立して、

きっと寂しいのだろうなあと。




私のランドセルも、捨てていいよと言ったのですが、



これはお母さんの思い出だから!と、とってありました。





シンプルライフの本を見せてみたのですが、


まるで興味なし。



現状にあまり不満はないみたいです。





ああだこうだ口出ししてしまう私を、母は、

『昔はあんなに汚い部屋に住んでたのによく言うよ』

と笑います。



確かに、母が知っている私は、

片づけられない、掃除できない私。



『片付けたり捨てたりすることが全てじゃないよ、他の考え方にも触れてみたら』


と心配されてしまいました。







でも、これから老後にむけて、


モノをきちんと管理しきれる暮らしにしてほしいなとな思います。



モノは私たち子ども自身ではないし、

思い出そのものではないなあと。


今の私は思うのですが、昔の私は思わなかった。




(あのね思い出とモノは別だからそんなにとっておかなくても…!)


(なんでとっておきたいのか、ちゃんと自分と向き合わないと…!)



などなど、昔の私にそのまま聞かせたいお小言を、

色々言いたくなる気持ちは、ぐっとおさえ(た、つもり)。





片づけを必要としていない人に、

押しつけてはいけない。





母が必要としているときに、

お手伝いするくらいの気持ちでいたいなあと思います。




帰省されたみなさまは、

どんなことを考えたでしょうか。




にほんブログ村 トラコミュ シンプルライフへ
シンプルライフ


もしよろしければお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(服)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ

広告を非表示にする